【口コミ】RISUきっずっていつからはじめるといい?4歳息子の体験からわかったメリット・デメリット

学習
ゆるり
ゆるり

こんにちは。
ゆるりと生きたい、紫月ゆるりです。
学生時代、私が1番苦手だった教科が算数・数学・・・。
子どもには算数嫌いになってほしくないな~。
と思っていたら、気になる教材が!

算数に特化したタブレット学習、RISU。
我が家のぷにくん(4歳・年中)の体験をもとに、幼児(年中~年長)向けのRISUきっずについてレビューしていきます。

RISUきっずスタート画面

RISUきっずは、通信教材としてかなりよくできています。
ぷにくんにはRISUきっずがよく合っていたようで、毎日「RISUしていい?」ときいてきます。
ただ、RISUきっずはお子さんによって向き不向きもありそうです。
いつからはじめるといいか、というのも、お子さんによりけりというのが正直なところ。
幼児の場合は特に、発達や興味の個人差が大きいからです。
結論としては、お試しキャンペーンからはじめて、合うかどうかを確認をするのは必須!

この記事では、RISUきっずのメリット・デメリット、そしてRISUきっずをはじめることができる目安をまとめました。
RISUきっずの特徴は?
RISUきっずって効果はあるの?
うちの子にRISUきっずは合うかな?
いつからはじめるのがいい?
そんな風に悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

▼お試しキャンペーンはこちらから▼
クーポンコード【ahz07a】をご入力ください。
※クーポンコードを入力されないとキャンペーン適用にはなりません。
※限定50名様

※お試し後返品される場合は送料・保険料として1,980円がかかりますが、本申込する場合はこの金額は無料です!

▼小学生向け【RISU算数】について知りたい方はこちらからどうぞ▼
【口コミ】はじめるならお試しから!RISU算数のメリット・デメリットを徹底レビュー!

スポンサーリンク

RISUきっずとは?

RISUきっずは、算数に特化したタブレット学習RISU算数の幼児版です。

RISUきっずでかかる料金と注意点

RISUきっずは、契約時に年額一括12ヵ月分33,000円(税込)の基本料がかかります。
RISUきっずでかかる料金はこの基本料だけで、無料で「安心サポートサービス」もついてきます。

安心サポートサービスとは
●東大・早慶のチューターによるレッスン動画が届く「成績アップ支援サービス」がついてくる
●タブレット破損時の負担が、通常26,400円のところ、6,600円(送料込/税込)になる

基本料は月あたりにすると2,750円(税込)なので、通信教材としてそこまで高くはない印象です。
しかし、途中で解約してもこの33,000円という金額は返ってきません
申込をすれば33,000円は必ずかかる、ということですね。

ただ、解約をしてもタブレットは返却は不要。
解約するまでにクリアしたステージは、解約後も復習に使えます。
なので、タブレット代0円とはなっているものの、実質タブレット代・・と思えばこのくらいはするのかな・・・という気も。

ゆるり
ゆるり

でも、はじめてすぐに「やっぱりやめたいな・・・」と思っても33,000円という金額がかかるというのは、かなりの痛手。

「うちの子には合わなかった・・・」ということがないように、お試しからはじめるのは必須!

▼お試しキャンペーンはこちらから▼
クーポンコード【ahz07a】をご入力ください。
※クーポンコードを入力されないとキャンペーン適用にはなりません。
※限定50名様

※お試し後返品される場合は送料・保険料として1,980円がかかりますが、本申込する場合はこの金額は無料です!

内容は小学校1年生の算数前半をしっかり先取り!

RISUきっずの内容は、小学校1年生の算数前半を先取りするような内容となっています。
全12ステージで、最初は数を数えるところから、足し算・引き算、時計の導入、大きさ比べや仲間分けなど。

RISUきっずステージ一覧
出典:RISUきっず(公式)

ステージの最初には解説もあるので、まだよくわかっていない内容も安心。
この最初の解説はアニメーションになっていて、子どもが1人で見ていてもわかりやすくできています。
問題を解いている途中でわからなくなった時も、最初の解説は繰り返し見ることができます。

また、少し難しくなってくると、問題画面でヒントも見れるようになっています。

RISUきっずヒント画面

そのため、新しい内容でも自然と身についていきます。

RISUきっずのメリット

RISUきっずはよくできた通信教材で、いいところがたくさんあります。

RISUきっずのメリット
  • データに基づく個別フォローで苦手を残さない!
  • スモールステップで無理なくすすめる
  • ゲーム類はないけど、モチベーションがあがる工夫がすばらしい!
  • 算数への興味・自信が育つ!

データに基づく個別フォローで苦手を残さない!

RISUきっずの学習内容は即座にデータとしてRISU本部に送られています。
そして、1人1人に合わせてフォローのメールや動画が送られてくる、という仕組み。

ゆるり
ゆるり

これ、すごい!

昭和生まれの私は、うわー、現代的~と感心するばかり。

子どもがつまずいたところの解説動画やはげましの動画等がタブレットの「せんせいどうが」に送られてきます。
この「せんせい」は、東京大学生や早稲田大学生などのチューターさんです。
学習が終わったら、割とすぐメール・動画がくるので、次に子どもが学習する時には動画を見てからはじめる、というかんじですね。
前回学習したところを動画で復習してからその日の学習をするため、苦手なところをよくわからないままにせず、身につけていくことができます。

スモールステップで無理なくすすめる

RISUきっずは、1ステージが25の問題シートに分かれています。
そして、1つの問題シートの問題は数問で、そんなに多くありません。
1つの問題シートの問題数が多くないので、スモールステップですすんでいくことができ、子どもが負担に感じることがありません。

ゲーム類はないけど、モチベーションがあがる工夫がすばらしい!

他のタブレット教材によくある、キャラクターの動画や、ごほうびのゲーム類が全くないのもRISUきっずの特徴です。

パパさん
パパさん

おもしろみに欠けるのでは?

ママさん
ママさん

子どもの興味が向かないのでは?

そんな疑問もありますよね。
これは、正直なところ、子どもさんのタイプにもよるとは思います。
やはり子どものごほうびのゲームに対する喰いつきはいいですもんね。
ごほうびに向けてがんばれる!キャラクターの励ましを受けてやる気になる!という効果は絶大です。
ただ、一方で、結局ごほうびのゲームばっかりやってない?ということにも陥りがち。

ぷにくんに関しては、ゲームがないRISUきっずでも大丈夫でした。
まず、タブレットというだけで、興味津々。
そして、RISUきっずには子どもの興味を引く様々な工夫があります。

毎回もらえる「100点!」

RISUきっずの問題を解いて正解すると・・・

RISUきっず「100点!」画面

「100点!」
1シートごとにこの「100点!」というのが出ることが、ぷにくんはうれしくてしょうがないようです。
毎回、うれしそうに「ママ見て!100点!」と言ってきます。
25シート全部終わったステージクリアの時なんかは、すごく誇らしげ。
「見て見て!こんなにすすんだ!」と星がいっぱいついた画面を見せてくれます。

ランダムでもらえるカギもごほうび効果!

問題を解くとたまにもらえる、カギ。
このカギが集まるとスペシャル問題にチャレンジできます。

これも子どもにとっては楽しみみたいですね。
カギがもらえるのはランダムなので、しばらく出ないと「今日はカギでなかった~・・・」としょんぼりしています。

がんばりポイントをためると商品に交換できる!

さらに、問題シートをクリアするごとにがんばりポイントももらえます。
がんばりポイントはプレゼントに交換することができる上、「ポイントがこんなにたまった!」というのが見えているので、それがごほうびの効果になっているようです。

ゆるり
ゆるり

画像はプレゼントの一例(2021年5月現在)だよ。
貯めたポイントによって、スペシャルかぎや文房具、本、おもちゃ等に交換できるんだ。
iPhoneなんてものも・・・!
ぷにくんはピカチュウが大大大好きだから、ピカチュウのナノブロックがほしいんだって♪

算数への興味・自信が育つ!

RISUきっずは、1日5分だけの学習でも必ず「100点!」がもらえるので、「やった!」という満足感が得られます。
達成感をこまめに味わえるため、飽きることなくやる気を持続できるようですね。
「すすんだ!」というのも感じやすいので、「がんばった!」「自分はこんなにできるんだ!」という自信にもつながっています。

ゆるり
ゆるり

算数が楽しいという気持ちが育っているのが感じられるよ。

RISUきっずのデメリット

RISUきっずの1番のデメリットは、料金のところでお話した、年額一括12ヵ月分33,000円の基本料が解約しても返ってこない、というところかと思います。
ただ、他にも少し気になったところがあったので、あげておきます。

RISU算数のデメリット
  • タブレットの操作がしにくい
  • 子どもがのめり込みすぎる
  • 選択制の問題はわかっていないところでもすすんでしまう
  • 1回解いた問題をもう1回解いてもポイントはつかない
  • 「せんせいどうが」のタイミング・数が微妙
  • スペシャル問題が難しい

タブレットの操作がしにくい

ぷにくんは、まだタブレットの操作に慣れていないためか、少しタブレットが使いにくそうでした。
1回1回回答欄の四角を押してから答えを入力しないといけない、メモが書きにくい、手が画面にあたると変な線を書いてしまう、等。
例えば、数を数えるところでは、数えたものには線を書いて消していくよう指導されます。
でも、タブレットとタッチペンの操作性がいまいち良くないことと、大きい数のところは特に幼児には図が小さすぎて、うまく線が書けずイライラ・・・ということがありました。

子どもがのめり込みすぎる

これは良いのか悪いのか・・・というところではありますが、タブレットが魅力的なのか、子どもが夢中になりすぎるところがありました。

ゆるり
ゆるり

私は、「やりすぎも目に良くないのかな・・・」と思って、あまり長時間はさせたくないという思いがあったんだ。
でも、ぷにくんは「やりたいやりたい!」となってしまって・・・

ただ、これははじめて1週間くらいたつころには落ち着いてきました。
1日1回は「RISUしていい?」ときいてくるものの、それで満足するように。

ゆるり
ゆるり

やっぱり、子どもは目新しいものにはすごく興味を示すよね・・・。

選択制の問題はわかっていないところでもすすんでしまう

RISUきっずは、自動で答え合わせをしてくれます。
間違った場合はやりなおしをします。
ただ、それが選択制の問題だと、わかっていなくても、「こっちが間違いってことはこっちが正解ね!」というかんじで、考えることなく答えてしまうところがありました。
「理解する」ということより「100点!」になればいいや、というのが優先させてしまっているかんじですね。

ゆるり
ゆるり

小さい子どもだからしょうがないんだけどね。
「1回ゆっくり考えてみよう。」っていう大人の声かけが必要かな。

1回解いた問題をもう1回解いてもポイントはつかない

RISUきっずのいいところは、タブレットなので、何回でも同じ問題を解けるところ。
ただ、1回解いた問題をもう1回解いても、ポイントはつきません。

ゆるり
ゆるり

プレゼントが関わってくるので、しょうがないのかな・・・とは思いつつ。

正直なところ、親は「復習として何回か問題を解いてほしい」と思います。
でも、子どもは「新しい問題を解きたい!」となってしまうんですよね。
問題を解くのが2回目でもポイントがつけば、もう少し子どもの復習意欲もわきそうなので、残念に感じました。

「せんせいどうが」のタイミング・数が微妙

最初は特にどんどんステージがすすんでしまうからなのか?
「せんせいどうが」が多すぎる、というところがありました。
子どもがつまずいたところの動画は、復習になるのでとても助かります。
しかし、「ステージが半分終わったね!」「ステージクリアおめでとう!」といったはげまし・おめでとうの動画もきます。
ステージをどんどんすすんでいると、「いや、ステージ半分というか、もうステージクリアしましたが・・・。」ということに。

ゆるり
ゆるり

ぷにくんも「せんせいどうが多い~・・・もういい~・・・」と興味を失ってしまい、せっかくの復習動画も集中できていない状態になっていたよ。

正直なところ、我が家ではあまりはげましやおめでとうの動画の必要性はなかったですね。
ただこれは、子どもさんによってはうれしいのかもしれません。
また、ステージをすすんで難しくなってくると、すすみがゆっくりになるのでそんなに感じなくなるのかな、というところではあります。

スペシャル問題が小学生と一緒で難しい

スペシャルかぎを集めると解ける、スペシャル問題。
これが、お姉ちゃんのぴょんちゃんがやっている小学生のRISU算数のスペシャル問題と全く同じ内容でした。

ゆるり
ゆるり

いや、難しいよー!

RISUきっずはいつからはじめるといい?

公式サイトでは年中後半~年長向けとなっているRISUきっず。
でも、ネット上では3歳ではじめている、という声もあります。
ぷにくんは、年少さんから年中さんになる春休み(4歳7ヵ月)にやりました。

いつからはじめるといいのか、というところは幼児の場合、年齢と言うよりも、子どもの状況によります。

ゆるり
ゆるり

この頃の子どもの発達は個人差が大きいよね。
子どもが何に興味を持っているのか、によっても全然習得度が違うお年頃。

ただ、私の結論としては「RISUきっずはそんなにはやくはじめなくてもいい」というのが正直なところ。
公式サイトで案内されているように、「年中後半~年長ではじめるのがちょうどいいのかな」というように感じました。

RISUきっずをはじめることができる目安

RISUきっずをはじめることができる目安
  • 数がある程度数えられる
  • ひらがながある程度読める

RISUきっずをはじめるのは、数をある程度数えられるようになってからの方がいいかと思います。
最初にある程度スムーズにすすめた方が、自信がついて楽しく取り組むことができるようになるからです。
RISUきっずでは、ステージ1で15までの数、ステージ2で30までの数、ステージ3では50をこえる数を学習します。
そのため、30くらいまで数えられると導入がスムーズです。

ゆるり
ゆるり

最初から「わからない!」となって、苦手意識がついてしまうのはこわいよね。

また、ひらがなもある程度読める方がいいです。
ひらがなを読めなくても、RISUきっずには「問題文の音声読み上げサポート機能」がついています。

ゆるり
ゆるり

問題文を音声で読んでくれるよ!

でも、ステージ1の1番最初の問題シートがこの問題です。

RISUきっずステージ1最初の問題画面

「音声読み上げサポート機能」は、問題文は読み上げてくれますが、「いち」「に」「さん」は読み上げてくれません。
ひらがなを完璧に読める必要はないかもしれませんが、全然読めない時点ではまだRISUきっずをはじめるのははやいかな、という印象です。

ゆるり
ゆるり

ぷにくんは基本は自分で問題文を読んで、文章を読むのに疲れてきたら「音声読み上げサポート機能」を使っているよ。

ちなみに、ぷにくんがRISUきっずをはじめた時は下記のような状況でした。
ぷにくんは7歳(小学2年生)のお姉ちゃんがいるので、数字への興味は強い方だと思います。

  • 数字にとても興味があり、1000以上数えられたことを誇りに思っている
  • 数字を書くことはできない
  • 数字の組み合わせもあいまい(32を見て「にじゅうさん?さんじゅうに?どっち?」と言う)
  • ひらがなを読める
  • 文章を読むこともできるがたどたどしい
  • 足し算・引き算はよくわかっていない(1+1や2+2は覚えていてできるけど、2+4はできない)

RISUきっずをクリアしたらRISU算数へすすむ

RISUきっずのステージを全てクリアしたら、自動的にRISU算数(小学生向け)へすすむので、先取り学習を続けてすすめていくことができます。
RISU算数も最初は数を数えるところからスタートするので、突然難しくなるわけではありません。
ただ、やはりだんだん難易度はあがっていきます。
ぷにくんは、結局、1ヵ月程度でRISUきっずのステージは全てクリアしました。

でも、全てしっかり理解しているかと言うと、まだ足し算や引き算、時計の理解はあいまいです。
RISU算数のステージでより難しい足し算・引き算をする中でだんだん身についていく可能性もありますが、本人もRISU算数になって「ちょっと難しいな・・・」と不安に思いはじめている様子がうかがえます。
今のところ、RISUきっずはクリアしたものの、RISU算数をどんどんすすめていくというのは少し難しそうです。
RISUきっずの復習をしながら、少しずつRISU算数もすすめていけるといいかな・・・という印象です。

ゆるり
ゆるり

RISU算数は問題文の音声読み上げサポート機能もないんだ。

そのため、個人的には、「RISUきっずはそんなにはやくはじめなくても良い」と感じました。
正直なところ、RISUきっずはそんなにステージ数も多くないですし、難易度もそこまで高くはありません。
しかし、あまりはやくRISU算数にすすんでしまっても、「難しい」となってしまうように思います。
もちろん、大人がサポートしてあげながら、RISU算数で少しずつステップアップをしていくことは可能です。
ただ、あまりはやくに難しい算数に挑戦して、算数への苦手意識がついてしまうと本末転倒。
そのため、公式サイトで案内されているように、年中後半~年長ではじめるのがちょうどいいのかな、というように感じました。

ママさん
ママさん

年長さんだとRISUきっずは簡単すぎるから、RISU算数からはじめる方がいいのかな?

そう思われる方もいるかもしれません。
でも、幼児の場合、突然RISU算数からはじめるのはおすすめしません。
RISUきっずには、数字・計算・時計・大小比較・仲間分けの基礎がつまっています。
子どもさんによって、
計算はできるけど時計はまだよくわかっていなかった・・・とか、
足し算はできるけど引き算はちょっと難しい・・・とか、
つまずく部分があるかもしれません。
そのつまずきを残さずにRISU算数にすすんだ方が、絶対にスムーズです。
たとえ「ちょっと簡単すぎた・・・」となってしまって、RISUきっずがすぐに終わることになったとしても、その時はRISU算数に移行するだけなので問題ありません。
「RISUきっずで基本の確認ができた」ことになります。
「RISUきっず、こんなにすぐクリアできるなんてすごい!天才!」と自信をつけてRISU算数にすすめると思えば、メリットしかないですよね。

ゆるり
ゆるり

逆にRISU算数からはじめて、「難しい・・・」と算数が嫌いになる方がこわい・・・!
RISUきっずからRISU算数へ移行しても、基本料は引き継がれるので料金的に損することもないよ。

※RISU算数では、RISUきっずとは料金体系は変わり、月ごとの利用料金が計算されるようになります。
▼RISU算数の料金については、こちらにまとめてあります。▼
【知らないと損する!】RISU算数最大のデメリット、料金体系について解説

RISUきっずは必ず1週間お試しキャンペーンを利用しよう!

まだまだ発達や興味の向く方向の個人差が大きい幼児。
ただ、良いタイミングでRISUきっずを活用できれば、しっかりと算数の力がつき、自信へとつながるのは間違いありません。
RISUきっずは公式ホームページから申込をすると、即本契約になります。
そして、RISUきっずは申込をすると、33,000円は返ってきません。
それが、こちらからクーポンを使っていただくと、RISUきっずを1週間お試しで利用できます。
RISUきっずをはじめる際には、子どもの向き不向き、タイミングを確認するために、必ず1週間お試しキャンペーンを利用しましょう

▼お試しキャンペーンはこちらから▼
クーポンコード【ahz07a】をご入力ください。
※クーポンコードを入力されないとキャンペーン適用にはなりません。
※限定50名様

※お試し後返品される場合は送料・保険料として1,980円がかかりますが、本申込する場合はこの金額は無料です!


こちらのお試しキャンペーンは、もしお試し後「やっぱりやめたい」と返品する場合には、1,980円(税込)がかかります。
送料・保険料として、ということの様です。

ゆるり
ゆるり

「え、お試しなのに無料じゃないの?」という気持ちがちょっと浮かんできたよ・・・

でも、実際に試してみると、この金額でも損した気持ちにはならないように思います。
お試しで返品したとしても、算数のドリルを購入したようなものと思えば、そんなに高くないですね。
それぐらい、1週間のお試し期間中にけっこうすすみますし、力もついているなぁと実感できました。

ゆるり
ゆるり

RISUをお試しした人の90%以上がその後本契約しているんだって。

満足度の高さがうかがえて、びっくり!

▼小学生向け【RISU算数】について知りたい方はこちらからどうぞ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました